歯の黄ばみ

着色汚れによる歯の黄ばみは落とすことができる

歯が黄ばみの原因というのはいくつかあります。
大きく分けると歯の外部の着色汚れと歯の内部の変色によるものがほとんどです。

 

 

歯の外部の着色汚れの原因はステインです。
例えば、よく知られているところだとタバコのヤニ、ワインに含まれるポリフェノールなどが有名ですね。
その他には色の濃い飲み物や食べ物はステインが付着しやすいと言われています。

 

 

一方で歯の内部の変色にはどのようなものがあるのかというと、
加齢による象牙質の変色、神経を抜いたことによる象牙質の変色などが一般的です。

 

 

どちらが原因になっているかで落とす方法というのも変わってきます。
比率で言えば外部の着色汚れによる歯の黄ばみのほうが圧倒的に多いでしょう。

 

着色汚れによる歯の黄ばみを落とすことはそんなに難しいことではありません。

 

それが長年に渡って歯にベットリとこびり付いたヤニ汚れだったとしても、
わざわざ美容歯科や審美歯科のホワイトニングに高いお金を払わなくても自宅でできるケアで
歯の本来の白さというものを取り戻すことができます。

 

反対に歯の内部の変色が原因になっている場合は本格的なホワイトニングが必要だと言えるでしょう。

 

あなたの歯の黄ばみの原因はどちらですか?

外部からの着色汚れは簡単に落とせるとは言っても・・・

歯の外部から付着したステインによる歯の黄ばみを落とすのは難しいことではありません。
しかし、一般的に言われているような重曹を使って、とかメラニンスポンジで落とすという方法はオススメしません。

 

 

これらの方法でももしかしたらある程度は歯が白くなったと実感できるかもしれません。
しかし、このような方法は歯の表面を削ることで歯を白くするという仕組みです。

 

そのリスクとしては少なくとも2つ考えることができます。

 

・エナメル質を削ってしまうことで歯が弱くなる

 

歯医者さんのクリーニングなども細かな研磨成分を歯に吹き付けて表面を削ることで黄ばみを落とすことがあります。
しかし、これはあくまでも歯の再石灰化によって元に戻ることを計算した範囲で行っています。
そうでないと必要以上にエナメル質を削ってしまい、虫歯のリスクが高くなったり歯が弱くなってしまうからです。
あなたは自分で歯を削るという方法でそのさじ加減というのがわかるでしょうか?

 

・削った後の歯にできた凹凸にはステインが再付着しやすい

 

重曹など歯を削ることで黄ばみを落とした場合に、表面には小さな凹凸ができている状態となります。
ちなみに歯医者さんのクリーニングではそういった凹凸も綺麗に均してくれるのですが、
もちろん自分でそれができるかと言ったらまず不可能だと言えるでしょう。
そうしてできた凹凸にはステインが再付着しやすいので磨いた直後には歯が白くなったように感じられるかもしれませんが、
それはあくまでも一時的でまた期間が経てば元の黄ばんだ歯に戻ってしまうのです。

 

このような理由から歯の黄ばみを重曹や家にあるものでなんとかしようという試みはオススメできません。
そもそも重曹に含まれる研磨成分というのは市販の歯磨き粉には悪影響のない範囲で普通に含まれているものなので、
歯磨き粉で落とすことができない歯の黄ばみを重曹で劇的に落とすことができる可能性は限りなく低いでしょう。

 

 

それであればまだ市販の歯磨き粉で一生懸命磨いていたほうが歯にとってはいいです。

 

では、外部の着色汚れによる歯の黄ばみを落とすにはどうしたらいいのでしょうか?

 

やはり、それにはホワイトニング専用の歯磨き粉を使うことをオススメします。
とはいっても市販の歯磨き粉では効果がなかったという人もたくさんいると思います。

 

市販のホワイトニング効果を謳っている歯磨き粉は研磨成分が含まれていることが多いのですが、
最近の主流としては、歯磨き粉というよりはホワイトニングジェルのようなタイプの商品が人気になっています。

 

ポイントとしては、歯の黄ばみを削って落とすのではなく汚れを浮かせて剥がすようなイメージです。
そのため、エナメル質が削れてしまうというリスクを気にすることなく安心して使うことができます。

 

 

スーパーや薬局で売られている普通の歯磨き粉よりは値段が高くなってしまいますが、
本格的なホワイトニングに比べればずっと安く、黄ばみを落とすことはもちろん、予防や再付着を防ぐ役割もあります。

 

 

普段から綺麗で白い歯でいるためには一本は必需品と言っても過言ではないでしょう。
通販で人気になっているホワイトニングジェルを少しだけご紹介します。

 

参考にしたサイトもついでにご紹介します。
歯を白くする方法
歯が黄色い

オススメのホワイトニングジェルランキング

厚生労働省が認定した医薬部外品

 

・1日133円で始められる自宅ホワイトニング
・ポリアスパラギン酸が普通の歯磨きでは落とせない汚れを浮かす!
・歯の黄ばみを再付着しにくくするリンゴ酸配合で白い歯長持ち
・歯だけではなく歯茎もトータルケアできる
・申請分GTOが虫歯リスクも軽減してくれる
・口臭予防成分「シメン-5-オール」配合
・1本 3980円(定期購入)

 

↓一番お得な公式通販↓

http://www.churacos.com/

 

 


通販で3秒に1個売れているリピーターの多い商品

 

 

・国際特許成分「ウルトラメタリン酸EX」を高濃度で配合
・現役歯科医も愛用している薬用ホワイトニング
・2013年モンドセレクション銀賞
・初めての方には14日間の全額返金保証付き
・ステインの再付着も長時間防いでくれるコーティング効果
・1本 3560円

 

↓一番お得な公式通販↓

http://nostain.jp/

 

 

 

美容雑誌多数掲載!モデルやタレントも愛用

 

 

・ホワイトニング以外にも歯周病ケア、口臭予防
・@コスメオーラルケアランキング1位
・製薬会社が開発しているホワイトニングジェル
・歯の内側にも浸透するホワイトニング効果
・45日間の返金保証付き
・1本 8400円

 

↓一番お得な公式通販↓

http://biken-mall.com/

 

歯の黄ばみが取れた状態を保つのには歯磨き粉も有効

歯の黄ばみを比較的簡単に取り除くのに有効なのが歯医者でのクリーニングではないでしょうか?
健康保険を利用することができれば1000円程度で歯の黄ばみを落とすことができます。
特に、ヤニなどがベッタリとしているような歯の黄ばみには最適です。

 

 

しかし、健康保険を使っての歯のクリーニングは3ヶ月に1回、検診と一緒でなければいけません。
なので毎月のようにクリーニングをしようと思っても健康保険を使うことはできないのです。

 

 

また、歯医者でのクリーニングは歯の表面を薄く削ることで黄ばみを落としています
なので一度やったことがある人はわかると思いますが、クリーニングで綺麗にしてもらっても
タバコを吸っていたり、コーヒーなどステインの付着しやすい飲食物を摂取していると
またすぐに歯の黄ばみは復活してしまうのです。

 

 

これは歯を削ることによって表面に凹凸ができ、汚れが付着しやすくなってしまうからなのです。
ですのでクリーニングしても生活習慣を変えなければ歯の黄ばみは元に戻ってしまうのです。

 

 

そうならないためにも自宅でのケアとして当サイトで紹介している歯の黄ばみを落とすことができる歯磨き粉は有効です。
毎日利用することで黄ばみの再付着を防ぎ、白い歯を保ち続けるという点からみてもオススメです。

 

 

もし、どう考えても歯磨き粉では落とせない歯の黄ばみだなと思ったらまずは歯医者でクリーニングをしてもらい、
その後ホワイトニングジェルなど、削らない歯を白くする歯磨き粉を利用すれば綺麗で白い歯を手に入れることができるでしょう。

 

 


アイコスは歯の黄ばみの原因になる?

歯の黄ばみの原因となるステイン
その中でも喫煙者の方にとってはタバコのヤニによるステインというのは落とすことが難しく、食べ物や飲み物による歯の黄ばみよりも厄介なものとなっています。

 

ですので、喫煙者の方は仮に美容歯科や審美歯科などで高額なホワイトニングをしてもタバコを吸い続けている限り、その効果は薄れるというよりも短くなってしまいます。

 

それを防ぐためには、当サイトでも紹介しているような日頃から歯の黄ばみを取ることができるホワイトニングジェルがオススメなのですが、最近話題のアイコスであれば心配はいりません。

 

 

なぜならヤニの原因となるのはタバコを燃焼する時のタールによるものなのですが、
アイコスにはニコチンは含まれてはいますが、燃やして吸うわけではないのでタールはほぼ含まれていません

 

これはアイコスを室内で吸っても壁紙などが黄ばむことがないということと同じです。
なのでこれまでホワイトニングに興味はあったけどタバコがやめられないからと
諦めていた方がアイコスに変えると同時にホワイトニングに力を入れることも多くなっています。

 

 

ただ歯の黄ばみの原因はタバコだけではありませんのでやはり日頃のケアは白い歯を
継続させるためにはとても重要ということには変わりないでしょう。